応用的な関数と表を検索する関数などについて

応用的な関数などについて学校しました。繰り返し利用する検証は、前もって前面に記録して置き、関数を利用して必要なときに前面から見つけだして利用することができます。このことにより登録作業の簡略化やオートマチックを図ることができます。おんなじ産物マークが見つかった際、こいつに対応した銘柄や費用を利用します。この治療には、VLOOKUP関数を使います。VLOOKUP関数は単下表を垂直(列)経路に検索したが、前面をフラット(行)経路に検索する場合は、HLOOKUP関数を使います。列方向と居場所向のポイントを指定して検証を検索するときは、INDEX関数を使います。登録されたキーワード列を分離し、適当のキーワード列を生みだす関数をキーワード列関数といいます。キーワード列の右手から適当のキーワード列を生みだす関数をRIGHT関数、キーワード列の指定したポイントから適当のキーワード列を差し出す関数をMID関数といいます。VLOOKUP関数は、検索するプライスがみつからなかった際、参照プライス未満で最も大きいプライスを検索します。こういう特質を利用して、検査プライスがいる区分けの度合いに混ざるかどうかを調べることができます。知らないことも知れて良かったです。http://www.secretshankyshop.com/

応用的な関数と表を検索する関数などについて