オバマ大統領の広島閲覧支払いについて想う出来事

アメリカのオバマ大統領が伊勢志摩サミットで訪日した際に被爆場所の広島を米大統領でついに訪問することが決まったそうです。
米国内を含めて様々な反応があるとは思いますが、ボクは「核兵器なきマーケット」を訴えノーベル安泰賞を受けたオバマ大統領らしき英断だ。
邦人の中には、原爆によって多くの大切が一瞬にして奪われた仕事場に対する陳謝を欲する考えの方もいるようですが、それでは今の昼間、日光韓原因と同じようにぎくしゃくしたものになってしまうのではないかと危惧してある。
戦後70階級以上がたち、被爆やつの高齢化がすすむ間、世界の隊長でもある米大統領の広島トラフィックはより将来狙いで考えるべきです。
核兵器の実行がどれだけ悲惨な利益をもたらしたのか、その事実をオバマ大統領にその目でとっくり見て買う仕事場自体が本当に大きな意味があるのではないでしょうか。
依然テロや合戦が絶えない中で、今回の広島トラフィックが多少なりとも平和な世界の飛躍に陥ることを願います。ミュゼ予約

オバマ大統領の広島閲覧支払いについて想う出来事